浄土真宗親鸞会について

浄土真宗親鸞会の行事などについて紹介していきます

Archive for the ‘浄土真宗親鸞会とは’


関西にも、浄土真宗親鸞会の法城誕生!

 蓮如上人がご布教に通われ、今も真宗の盛んな兵庫県東部に、満を持しての浄土真宗親鸞会の会館が建立されることになったそうです。場所は、兵庫県西宮市。中国道宝塚インターから車で10分。大阪や京都からも足を運びやすい格好の地。講堂は約90畳、駐車場は1階になる予定と、浄土真宗親鸞会の機関紙『顕正新聞』に報道されています。

 念願の建立に、中心メンバーの男性は、「『顕正新聞』で各地の会館建立の勢いを見るたび、関西学徒の間でも『1日も早く!』の思いは膨れ上がる一方でした。完成したら、ご縁のある方をまず会館へ、そして宝塚インターから二千畳へとご案内するのが夢です」と、目を輝かせているとのこと。建立を推進してきたT支部長は、〝真宗難民〟があふれていることを肌で感じるそうです。2月の講演会に参詣した地元の門徒総代は、「寺の瓦の補修を門徒に呼びかけたら、これを機に廃寺にしようという意見が多く出て困っている。なぜこんなことになるのか悩んでいたが、寺が教えを説いていないからだと分かった」と語っていたそう。「こういう声は珍しくないのです。親鸞聖人の本当のみ教えが常に説かれる会館を皆が求めているのですから、建立を急ぎます」と支部長は意気込みを見せた、と記されています。

また富山県南砺市に夏に落成予定の、浄土真宗親鸞会南砺会館も、準備が着々と進んでいます。南砺市は、小矢部会館のある小矢部市のすぐ隣なのですが、「地元にもぜひ!」と南砺の親鸞学徒は燃えています。建立が建立を呼ぶ、親鸞会の勢いを感じさせる記事です。こんな声も掲載されていました。「寺なら、村や町ごとにあるじゃありませんか。その寺が親鸞聖人のみ教えを伝える本来の役目を果たさないのだから、私たちでやるしかない。まだまだ、これから大仕事が始まるんですよ」

浄土真宗親鸞会の会館建立ラッシュ!!

浄土真宗親鸞会の会館が、全国各地に次々と建てられています。6月末には、十勝帯広会館の落慶祝賀会が行われ、北海道全土へ弥陀の本願を伝えようと誓ったそうです。また、広島にも建立が決まりました。広島市安佐北区の中心地で、鉄骨三階建て、60畳の広さがあるそうです。広島の親鸞学徒は、「先祖代々浄土真宗でありながら、死ねば誰でも極楽という十劫安心の邪義しか聞かされてこなかったのが、今の安芸門徒です。だからこそ、『あの会館に行けば、本当の親鸞聖人のみ教えが聞ける』ということを一刻も早く知らしめたい」と奮起しています。

また、浄土真宗親鸞会の本部がある富山にも、また新たな会館が作られることになりました。その名は、南砺東会館。南砺市焼野というところで、蓮如上人ゆかりの井波別院があり、赤尾の道宗が元旦の勤行に間に合うよう、豪雪をかき分け、上人の元に参じたことは今に語り継がれています。「かつての真宗王国をよみがえらせよう」と地元学徒は燃えているとのことです。

そして、7月末には、鳥取米子会館が落成、座談会と祝賀会が行われたと、浄土真宗親鸞会の機関紙『顕正新聞』に報道されています。座談会では、仏間の大額の「光寿無量」について高森顕徹先生のお話があり、「光明無量、寿命無量の阿弥陀仏が、すべての人を救うために、南無阿弥陀仏の大船をつくられた。その船には全人類が乗っても、どこにいるやら分からないと教えていただき、想像を絶する大きさに感嘆しました」と参加した学徒は喜びを語っています。全国各地に次々と会館が建立され、まさに会館ラッシュのようです。

正統と異端の大転換期! 浄土真宗親鸞会

「浄土真宗の正統を示す」のタイトルが1面を飾った浄土真宗親鸞会の「顕正新聞」(7月1日号)。浄土真宗の教えの正統と異端が、逆転しようとしている、と全国各地での現象をあげて書かれています。

鳥取県のMさん、Yさんは、浄土真宗親鸞会会長の高森顕徹氏の書かれた『親鸞聖人の花びら』藤の巻「聖人が名号を本尊とされた根拠は何か」の説明を聞いて、思わず、「これは早く御名号にせんといけんわ」「何でこんな大事なことを寺は教えないんだ?もう寺には参らんでいい!」と声をあげたそうです。また岐阜県では、真宗住職が『花びら』の勉強会を毎月受講し、「正統な教え」の理解を深め、「後生について親鸞聖人は、こんなにハッキリ書いておられるのに、大谷派の学者らはどこをどう読んで『後生はない』などと言っているのか」と憤りを隠せないでいるようです。

福岡県の僧侶は、自著の参考文献に『歎異抄をひらく』をあげ、「高森顕徹先生は、やはり安心して読めます」とコメントしています。富山県の講演会では、住職が毎月参詣、「『歎異抄をひらく』ほど、聖人の教えどおり忠実に『歎異抄』を解説された本はない」と絶賛しているとのこと。アメリカ、ロサンゼルスの知識人も、「浄土真宗親鸞会は、最も正確に明らかに、親鸞聖人の教えを伝えている唯一の団体だと思います」と語っています。浄土真宗史における大転換期にあるようです。

浄土真宗親鸞会「鳥取会館」も誕生!

浄土真宗親鸞会の島根会館に続き、山陰地方で2番目の会館となる「鳥取会館」が誕生した、ということが『顕正新聞』4月15日号に紹介されています。

鳥取西部の中心地、米子にあるそうです。長らく、地元の親鸞学徒の法味愛楽の場となってきたS夫婦の別宅だったが、各地での会館建立の機運が高まるにつれ、その別宅を最初の拠点に、「まずスタートを切ることが肝心」と決断したといいます。「30年以上も前、鳥取に初めて布教に来た浄土真宗親鸞会の講師が、宿もなく、車で寝泊りしながら一生懸命仏法を伝えておられた姿に感服したのです。せめてまっすぐな床で休んでいただきたいと思って提供して以来、ここが鳥取の法城となりました。たくさんの親鸞学徒が育ち、こうして今、会館にまでなり感無量です」と提供したSさんは大変喜んでいるようです。

各地に浄土真宗親鸞会の会館が建立されており、とどまることを知らないようです。京都にも会館をつくりたいと、京都の学徒は、富山会館を拝観し、「いろんな会館を拝観するたび、次は京都に!の思いが強くなります」と意気込む様子も報道されています。

氷見西会館 落慶! ~浄土真宗親鸞会~

浄土真宗親鸞会、氷見西会館が産声をあげたことが、『顕正新聞』に報道されています。Yさん親子が、長年親しまれた旅館を会館に、とお布施されたものだそうです。その経緯が書かれていました。

Yさんが、お母さんに誘われて、前田町(富山県高岡市)の会館(浄土真宗親鸞会初の会館)で仏縁を結んだのは約40年前のこと。「平生業成」のご説法に、「この世で弥陀に救われた、ということがある!無碍の一道といわれる、そんな素晴らしい世界があったのか、と衝撃を受けました」と語っています。子供の頃から寺の境内で遊び、友人に寺の息子も多くあったが、「平生業成」の意味を聞くこともなく、「平生の行い」と思っていた。「聖人のみ教えの一枚看板なのに、寺はなぜ伝えないのか」と疑問を抱くようになったといいます。

旅館を始めたおじいさんも、熱心な門徒だったそうです。朝晩の勤行を欠かさず、寺の世話役をしていたが、「生きる目的を知らされず、村起こしに命を費やしました」とYさんは語っています。戦後の娯楽のない時代、そのおじいさんは、有名力士を招いて大相撲を開催したり、文化会館を設立し、映画館、劇場として活用したりして、旅館は毎日、青年団、銀行、役場、農協などの宴会が催され、「東京でいえば、銀座のようなにぎわいやったね」と近所の人は懐かしむそうです。

Yさんは、「公益のために、どんなに一生懸命でも、生きる目的を知らなければ、報われない。平生業成を知らず、祖父が逝ったことが、悔やまれてなりません。氷見の人には、祖父の二の舞いを踏んでもらいたくない」と、会館を拠点に一対一の法施を誓っています。昨年まで旅館を続けてきたYさんのお母さんは、「広く親しまれた旅館を縁に、より多くの人が仏縁結ばれることを念じています」。近所の70代の女性は、浄土真宗親鸞会 氷見西会館建立の知らせに、「この辺りには仏法を聞ける所がないから、みんな喜ぶでしょうね。誘い合わせて、お参りさせてもらいます」と、言っているそうです。

帯広、島根にも 浄土真宗親鸞会の会館建立!

北の大地・北海道に、そして島根にも、浄土真宗親鸞会の会館が建立されるようです。『顕正新聞』に詳しく紹介されています。まず、帯広市に建立されるのは「十勝帯広会館」。会館建立が60年来の夢だったと親鸞学徒のTさんはこのように語っています。「何が何でも十勝に法城を建てたいと思い続けてきました。残された人生、全てをかけたい。お金や財はケンカの種になるだけ、仏法のために丸ごと使わせていただきたいのです。このチャンス、無上仏のお手回しと思わずにおれません」。また、北海道を担当している講師は、「北の大地は広いですから会館が幾つも必要です。北海道全域の学徒たちが『ぜひ自分の地元でも』と立ち上がっています」と語り、学徒の熱が伝わってきました。

また、島根の大田市にも、建立されることとなったそうです。こちらは、約50年、「町のお医者さん」として慕われてきた医師が、閉院した病院を、浄土真宗親鸞会の聞法会館として提供したもの。「親鸞聖人のみ教えを学び、お伝えする会館ができるのは、無上の喜びです。肉体を治療する医学はもちろん大切ですが、それだけでは果たせない大問題が人生にはあります。永遠の魂を救い切る名号六字の躍動に、私も身をまかせたいと思います」とその医師は述べています。

さらに建立中の富山会館では、最も大事な御名号本尊を御安置するにふさわしい御仏壇が検討されているそうです。地元の学徒は、「会館は『名号六字の顕現』といわれるとおり、御名号が中心です。だから、立派な御仏壇を用意して、御名号の尊さをしっかり伝えていきます」と目を輝かせているといいます。浄土真宗親鸞会の会館が、全国各地に誕生しています。

30年手離せなかった!浄土真宗親鸞会の本☆

浄土真宗親鸞会が月に2回発行している『顕正新聞』に、こんな記事がありました。

~~~~~
■30年手離せなかった2冊■
「30年間、絶対手離せなかったのは、浄土真宗親鸞会の高森顕徹先生のご著書でした」と、Yさんは振り返る。
 学生時代、名古屋で仏縁に恵まれ、岐阜ご法話で手にしたのが、『こんなことが知りたい』と『白道燃ゆ』だった。
“宗教”に抵抗を感じ縁が離れたが、「仕事に没頭してもむなしさは拭えず、人生の答えは聖人のみ教えにあるのでは」と、何度引っ越しがあっても、2冊を携えずにおれなかった。
 昨年夏、チラシを縁に勉強会に参加、4カ月後には親鸞学徒に。「人生も残りわずか。決勝点に向かってまっしぐらです」と毎月二千畳へ馳せ参じる。
~~~~~

30年間、何度引越しがあっても、携えずにおれない本。そんな本にめぐりあえる人はどれだけあるでしょう。ずっと手離せず、こうして再び聞かずにおれないというのは、それだけ心惹かれるものが仏教に教えられているから、そしてその仏教を浄土真宗親鸞会が明らかにしているから、でしょうね。

親鸞会も 被災地へ支援

3月11日、未曾有の大地震が東日本を襲いました。親鸞会発行の顕正新聞4月1日号は、東日本大震災特別号として、全面震災関連の記事で埋めつくれています。地震後すぐに緊急支援体制が敷かれ、安否確認に全力を挙げ、全国から集まった救援物資を、バスとトラックで届けたそうです。親鸞会より義援金も贈られたことが記載されていました。

 
 
さまざまな記事がある中で、心打たれたのは、阪神大震災を経験した方から、被災された方へのメッセージです。

◆被災された皆様へ、どんな言葉も見つからない気持ちです。16年前の震災時、高森顕徹先生や多くの学徒の皆様に支えられ、助けていただきました。瓦礫の前に立ち尽くす無力感と絶望感の中で、翌週の三重県でのご法話は今も忘れられません。「たとい大千世界に 満てらん火をも過ぎゆきて 仏の御名をきく人は ながく不退にかなうなり」そのお言葉を、初めて聞くように厳しく深く、心に刻みました。聴聞させていただき、自分が何を失ったのか、考えさせられました。この世の全ては借り物で、置いていくものばかり。でも私には仏法を聞けるこの体がある。これが「生きる」ということではないか。だとすれば何も失ってなどいない。生きて仏法を聞かせていただける、これ以上の幸せのないことを知らされました。

◆大好きだった神戸の町が瓦礫の山になってしまいました。自分の健康も失ってしまったことなどで、もう生きていけないと、何百遍、思ったか分かりません。でも、無上仏のご念力により、絶対に死んではならない理由を知らされました。今まで生きてこられたのは、弥陀の呼び声を一念で聞かせていただけるという希望があったから。どんなに困難でも希望の光は不滅です。

◆阪神淡路大震災は、大阪の自宅で被災しました。激しい揺れで、家具は倒れ、食器や大事にしていた、たくさんのものを一瞬にして失いました。私の寝ていたベッドにはタンスが倒れ、もし寝ていたら命はなかったと思います。でも、命が助かったことを、本当によかったと思えたのは、心細く苦しい日々を耐えて生きてきて、親鸞聖人の本当のみ教えに出遇った時でした。

どれも、親鸞会の学徒だからこそ、言うことのできる力強くたくましいメッセージと感ぜずにおれません。被災された皆様の一日も早い復興を、心より念じ申し上げます。

浄土真宗親鸞会 報恩講に世界から☆

11月6、7日、浄土真宗親鸞会の親鸞聖人報恩講が親鸞会館(富山県射水市)にて勤められました。アメリカ、ハワイ、香港、台湾、ブラジルなどなど・・・・・・海外からも何としても二千畳で真実のみ教えをお聞きしたいと、世界中、日本中の親鸞学徒が、二千畳に参集したそうです。いくたび会場整理しても追いつかないほど、参詣者で会場がごったがえしたとも聞きました。

顕正新聞11月15日号に、ご講演の内容が、このように書かれていました。
~演題は、蓮如上人80通の『御文章』の中で最も親しまれている「聖人一流の章」。蓮如上人は、「何事も何事も知らぬことをも、聖人のなされたとおり」の精神で、ご自身の考えは一切説かれず、親鸞聖人のみ教えだけをそのまま伝えられた。「聖人一流の御勧化の趣は」で始まる「一流章」はその象徴である。短いながら、親鸞聖人90年のみ教えが余すところなく凝縮されている。仏教は後生の一大事に始まり、後生の一大事で終わる教えだが、その一大事に二つある。一つは「一大事の往生」ともいわれ、死んで弥陀の浄土へ往って仏に生まれることをいう。もう一つは「後生という事は、ながき世まで地獄におつること」(蓮如上人)と説かれる一大事である。来世、永く苦患に沈む一大事が、信心決定の一念で、いつ死んでも弥陀の浄土(無量光明土)へ往生できる一大事と切り替わる。

親鸞聖人のみ教えはその信心一つを教えられたもの、なのですね。イギリスから参詣した20代の女性は、「宗教というと、今まで憎しみと差別を生むものだと思っていた。けれど仏教は違う。親鸞聖人のみ教えは違う。このみ教えが世界に広まれば、必ず幸福な世界が築かれると思う。親鸞会の未来は限りなく明るい」と言っていました。世界が待っているみ教え、それは親鸞聖人のみ教えなのだと感じます。

浄土真宗親鸞会 産後のママも不断の聞法

浄土真宗親鸞会発行の『顕正新聞』10月15日号に、テレビ座談会の革命により、孤独な育児からお母さん達が救われていることが紹介されている。以前は、出産前後、どうしても聞法を断念せざるをえなかった母親たちが、今はテレビ座談会で環境が大きく変わり、不断に聞法しやすくなってきているという。

Tさんは4年前に男の子を出産した親鸞会の学徒である。まだテレビ座談会は開催されておらず、産前産後、二千畳での聞法は数回、涙をのんだ。また子育ても孤独だったと振り返っている。母乳を与え、泣けばあやし、おむつを取り替え、寝かしつける。子供が静かになったすきに、家事をこなし、自分の食事をすませ、仮眠をとる。着飾ることもなく、おしゃべりもなく、家の中は片付かない。四六時中、子供中心の生活で心は「どう生きる」ばかり。「人間らしい心を日に日に失っていく感じがした」と語っている。そんな時、聞法のご縁に恵まれると、「そうだ、そうだった!尊い目的を果たすための命ではないかと、目が覚める」とその時期の聞法の大切さを訴えている。不断の聞法で、お母さんが元気になれば、それは子供にも伝わる。Nさんも、出産直後にテレビ座談会を聞かせていただくことができ「子供を連れて、どうやって富山に参詣したらよいか、不安に押しつぶされそうだったが、早く二千畳でお聞きしたいと前向きな心に変わった」と喜んでいる。

また、自宅でテレビ座談会を開催し、子供部屋も設けると、家族連れの親鸞学徒が参詣しやすく、親も子供も喜んでいる。子連れの参詣者が多いと、子供が騒いでも気兼ねなく聞法できるという。「子供も自由に遊べ、友達もでき、講演会場でまた会いたいという気持ちにつながります。最近、娘と一緒に恩徳讃を歌えるようになり、善知識の御声を幼い時から聞かせられるのも、テレビ座談会のおかげと感謝しています」とIさんも喜んでいる。母子ともにより仏縁を深められる環境が一層整えられ、浄土真宗親鸞会はますます発展を遂げようとしていると感じた。